基本の和食器

贈り物に最適なブランド和食器



贈り物に最適なブランド和食器

贈り物に最適なブランド和食器 友人の結婚祝いや新築祝い、さまざまな場面で贈り物をすることがあります。何を贈ればいいか悩んだとき、こだわりの和食器はいかがですか。
ブランド和食器なら貰った相手もわかりやすく、自分じゃ買えないけど欲しいと思うような少し高級なものが喜ばれます。
生産地や作家によって個性が出る和食器は、土のぬくもりや素朴さを感じられる陶器と、手触りがなめらかで薄くて軽い磁器があります。贈る相手の好みに合わせるのが最適ですが、贈り物で新たな良さを知ることもあるのであまり深く考えず好みだと思われるものを選ぶといいです。
お酒が好きな方には、ビールの泡が細かく泡立ち口当たりの良くなる陶器のビアカップや蕎麦猪口、徳利や盃など種類がたくさんあるので贈るものに困りません。
料理好きな方には、ホームパーティーで役立つ大皿や取り分け用の中皿、たくさんあっても困らない小皿や豆皿はどうでしょうか。スープカップやグラタン皿など、自分では買わないけどいくつかあると便利な食器もおすすめです。

各地のブランド和食器をチェック

各地のブランド和食器をチェック 和食器ブランドを6つの産地からご紹介します。お気に入りの一品を見つける参考にどうぞ。

◇益子焼(栃木県)厚手で素朴なぬくもりの陶器です。気泡が入りやすく造形が難しい土ものですが、大胆に釉薬を施した現代的な柄の器が、多くのファンを魅了しています。

◇美濃焼(岐阜県)戦国武将で茶人の古田織部がつくりあげた「織部」というゆがみのある器が有名です。美濃は陶土が豊富で窯業が栄え、日本の和食器・洋食器の一大産地です。

◇九谷焼(石川県)加賀藩の栄華をしのばせる、豪華絢爛な色絵が特徴の磁器。陶石が鉄分を多く含んでいるため焼き上がりの地肌がやや青く、これが絵付けの華やかさを際立たせています。

◇萩焼(山口県)土本来のあたたかみが感じられる、ぽってりとした質感の器。貫入とよばれる「ひび」が入りますが、これが地肌の色合いを変化させ味となります。淡い色の湯飲み茶碗セットが定番人気です。

◇砥部焼(愛媛県)グレーがかった白地に藍色の文様が特徴的な、丈夫な焼きもの。どっしりと重みある磁器は気取らず使えます。大きな高台の「くらわんか」と呼ばれるご飯茶碗など、人気があります。
 
◇有田焼(佐賀県)真っ白な素地に華やかな藍色や赤色の絵付けが美しい磁器。江戸時代に海外に輸出され「イマリ」と呼ばれて高評価を得て、欧州ブランド食器メーカーがその絵付け文様を模倣したともいわれています。薄くて軽く丈夫なので日常使いにも適しています。

新着情報

◎2018/5/21

窯元によって作風が違う
の情報を更新しました。

◎2018/3/13

無地の和食器は使いやすい
の情報を更新しました。

◎2018/1/25

贈り物に最適なブランド和食器
の情報を更新しました。

◎2017/11/28

「小吸椀」の特徴
の情報を更新しました。

◎2017/8/8

「箸洗椀」の使い方
の情報を更新しました。

◎2017/6/28

サイト公開しました

「食器 ブランド」
に関連するツイート
Twitter